2016年08月20日

不思議な出来事

実家の父が天に旅立って2週間経ちました。
今日は、父の通夜の晩に起きた、ちょっと不思議な出来事☆
私と主人には共通の友人達(他県在住)がおり、お盆に札幌に帰省した時に、皆で合うことを楽しみにして、今年も会う約束、日時も決めていました。
でも、今回は父の事もあり喪に服すことも考えて、友人達と会う事はやめようと主人と話をしていました。
父の通夜を終えた晩、友人達にこのことを伝える為にメールしたのですが・・・・
その翌朝、主人から突然「紫野は、皆(友人達)と予定通り会いたい?」と聞かれたのです。
一瞬「???」と思いましたが、主人が昨晩、就寝中に不思議な体験をしたというのです。
それは・・・
夜中、主人が就寝中に何か右側に何度も人が通るような気配を感じて目が覚めたとたん右足に突然に違和感・・・??と思っていたら、今度は左足を、まるで誰かに整体を受けているように
「グイッ」とマッサージされたというのです。
実は、主人はここ数日、腰に痛みがあったそうなのですが、この目に見えぬ整体の後、腰が一瞬にして楽になり、それと同時に不思議な感覚で自分ではない想いを受け取ったというのです。
それは「私の事、家の事は気にしないで、友達と会ってきなさい。約束していたのだから会って来なさい。
お母さん(私の母)は大丈夫。私は今までと何もかわりなく、お母さんの側にいるのだから」
主人曰く、父からそう伝えられたのだと・・・。
その話に驚きながらも、ああ・・・父ならそう言うだろうなぁ〜とどこか納得。
主人は「今回、お父さんのことがあったから皆と会うのは遠慮しようと思っていたのは俺の自我だったんだなぁと気がついた。お父さんの気持ちは違っていたんだね」
その出来事から父の気持ちをありがたく受け取り、私と主人はその週末友人達と予定通り過ごしました。父の旅立ちに寂しく、あた慌ただしかった心も、友人達の温かな笑顔で本当に癒されました。
それにしても、通夜の後、私が友人達にメール連絡している様子を父は見ていたのではと思うような出来事。
そして主人への不思議な整体も・・・☆
父は身体無き後もこうして私たち家族のことを思って側で見守ってくれていることに心から感謝した不思議な出来事でした。

IMG_1080.JPG
posted by Shino at 19:35| 日記

2016年08月11日

父の旅立ち

実家の父が好きだった紫桔梗。
今月3日の早朝、新月を迎えるとともに
父の命は逝きました。
家族皆の見守る中、静かで穏やかな最期でした。
入院中に語った私への父の言葉。
「一生に一度の人生なのだから、好きな事を。後悔しないように」
初七日を迎え、写真の中で静かに微笑む父。
父へ、感謝と祈りを込めてピアノを弾きました。
寂しさも、まだまだ溢れてくるけれど
父にとって良き旅立ちとなりますように・・・
IMG_3396.JPG
posted by Shino at 01:12| 日記