2016年03月24日

久しぶりの更新です♪

ほぼ1年ぶりの更新となりました。
去年の春に帯広から札幌に引っ越しとなり、この1年は私にとって,
とても意味のある大きな1年を過ごしていました。

更新がなかなか出来ずにいた間もHPを覗いて下さった皆様、
また、CDのご注文や問い合わせも頂き、本当にありがたく
心から感謝しております。ありがとうございました。

実は去年1月に札幌に住む主人の父(義父)が脳梗塞で倒れ入院。
おかげさまで、命に別条なく奇跡的に身体にも麻痺もほとんど残らなかったのですが
脳梗塞になった原因が、糖尿病の悪化からとの診断。
義母が亡くなってから、子供達の世話になるよりは自由にしていたいと
長い間独り暮らしをしてきた義父でしたが、食生活等から体調を崩したようでした。

脳梗塞の再発の可能性や毎日インシュリン注射が必要なほどの糖尿の数値、そして年齢のことなど
退院後に義父を再び独り暮らしさせることは無理と判断。
主人と話し合い義父と共に住む事を選びました。

そこには、不思議だったのですが
『一緒に住み私の作る食事を食べてもらえば糖尿は改善、そしてインシュリンの注射も取れるはず』
私自身、糖尿食の知識も情報もなにもない状態なのに、なぜか確信に近い思いが胸にありました。
毎日、自宅で打つインシュリン注射を手放すまで改善させるのは、とても難しいこと。
ましてや高齢の義父・・・。
常識では不可能なことと聞いていても、一緒に住めば大丈夫!
と、どこからか湧いてくる強く確かな思い。
続きを読む
posted by Shino at 17:01| 日記