2018年09月23日

金の舟、銀の舟

亡き友人からの依頼のメロディ・・・「金の舟、銀の舟」を作曲し奏でました。
(トッページにて動画で、ご紹介させて頂いています)

友人のKさんは1年前の去年9月に癌の闘病の後、天へ旅立ちました。

亡くなる一ヶ月前に、病室にいる彼女からメールを受け取りました。

「お願いがあるのですが、私が天に帰るときにサポートしてくれる曲をつくってほしいのです。
  詞埜ちゃんのメロディで安心して宇宙の家に帰れます(⌒‐⌒)
  受け入れてくれたら喜びです」
 
このメールを受け取る数ヶ月前から、Kさんは終末医療(ターミナルケア)の病院に入院し、自身の余命を受け入れ、見守るご家族と共に静かに終活の日々を送っていました。

その中で届いたメール・・・
最後かも知れないKさんからの願い、叶えてあげたい・・・
けれど、次に書かれていたメールの言葉に心が動揺しました。

「葬送のメロディを詞埜ちゃんで〜と考えてる時に金の舟、銀の舟と言葉が降りてきました」

Kさんの願いを叶えて・・・と思いながらも、曲のタイトル『金の舟、銀の舟』と知った瞬間、これは今すぐ弾く曲ではない感覚が心に広がっていくのです・・・けれど、余命わずかのKさんの気持ちを思うと葛藤の気持ちも。

それでも心から湧き上がる思いは、「金の舟、銀の舟」のメロディは、「鎮魂歌・レクイエム」というだけではなく、その先にある「魂の再生と祝福」の曲だということ。

本当は、彼女の旅立ちに間に合わせたい・・・でも、今、手がけてしまっては、私自身、彼女が旅立ってしまうことへの哀しみと寂しさが中心となった納得のいかない別のメロディになってしまう。
もしかしたら、感情ではKさん自身も「レクイエム」的な曲で良いと依頼してたのかもしれない。けれど、Kさんの魂の本当の望みはきっと違う・・・
そうであるなら、彼女の命の旅立ちには間に合わないかもしれないけれど、Kさんが望んでいる「金の舟、銀の舟」の本当の意味するメロディを弾く事が出来る日が訪れるまで、その日を待ちたいと思いました。

メールを貰った一ヶ月後にKさんは天へ旅立ち・・・それから約10ヶ月ほど経った今年の7月を過ぎた頃でしょうか「今ならメロディが弾けるのでは・・・」自然と、そのような感覚となり、少しずつ曲を手がけて行きました。

そして、1年前にKさんから曲の依頼を受けた同じ8月に曲が完成・・・
弾いた音源をレコーディングスタジオへマスタリングの依頼をしていたのですが、スタジオから完成の連絡が来たのが、驚いた事にKさんの命日(一周忌)の前日。
このタイミングは、きっと天からKさんがOKを出してくれたのだと思いました。

翌日のKさんの命日、「金の舟、銀の舟」の完成の報告をKさんに手を合わせ、感謝と共に祈りました。
一周忌を迎えたKさんの魂の宇宙でのさらなる旅のサポートとなりますように・・・

Kさんからの依頼の曲ですが、今回こうして動画にしてUPしたことには理由があります。
ひとつは、共に繋がっているKさんの友人、親しくされていた方々と、一周忌を迎えたKさんへの想い出と祈りを共有したかったこと・・・
もうひとつは、いつもKさんは、私が曲を弾く毎に必要とされている場所へ届くようにと願ってくれていたこと。

「金の舟、銀の舟」は生死を超えた人生の旅と魂への応援、再生と祝福の曲・・・

どうか必要とされる方々の元へ・・・
そして、今、愛する大切な方との別れと悲しみの中にいる方にも少しでも癒しと、お力になれることが出来たら・・・

この曲が少しでもお役に立てれる事が出来るのであれば、
天にいるKさんも、そう願って微笑んでくれているのではと思います。
posted by Shino at 11:28| 日記